クンニが気持ちいい理由:イカせるクンニのテクニックやクンニを嫌がられた場合の対処法

女性は何故クンニが気持ちいいのか? 

この記事でわかること
  • クンニが気持ちいい理由
  • 女性をクンニで気持ち良くさせるテクニック(コツ)
  • 女性がクンニを嫌がった際の対処法

    クンニが気持ちいい理由とは?

    クンニされる女性

    嫌よ嫌よも好きのうち。本当はして欲しいと思っている女性が多いと言われているクンニ。

    クンニが気持ちいい理由とは何なのでしょうか?

     

    クンニをされている時に男性の愛を感じる

    クンニは、性器を舐める行為ですので、愛がなければできない行為です。

    どれだけ清潔に洗っていても、舐めるのに抵抗がある方は多いでしょう。

    なので、丁寧にクンニをしてくれる男性とのセックスに女性はとても愛を感じます。

    クンニをされる女性は、細部まで丁寧に舐めてくれる男性に対して、私の事を愛してくれている。と愛おしい想いを強く感じる事ができます。

    それが脳に信号を送る為、精神的な面も相まって気持ちいいという感覚にさせてくれるのです。

    セックスでは得られない快感があるから

    男性がフェラを好きなように、クンニが好きな女性も沢山います。

    それは何故かというと、セックスでは男性器を挿入しピストン運動がメインになりますよね?

    その一方で、クンニではフェラと同じようにセックスでは得られない快感を得る事ができるからです。

    それは、男性が細部まで丁寧に舐めてくれた時にだけ感じる事ができるものです。

    舐められて気持ちいい所は個人によって差がありますので、そこを探しながら舐めてあげる事で、より気持ち良くなり、細部までゆっくりとした男性の舌の動きにより、女性はクンニを気持ちいいと感じる事ができるのです。

    羞恥心から来る快感

    タブーに触れるという羞恥心が膨らむ程快感が高まるメカニズムは、日常のセックスを彩り豊かなものにする為のアクセントになります。

    恥ずかしいのに感じてしまう。いや、恥ずかしいからこそ感じてしまうのです。

    女性がクンニをされる時は、股を開いて女性器に男性の顔がうずまるような体勢になりますよね?

    そんな姿勢になる時に女性は恥ずかしさを覚えます。

    まるで身体の隅々まで見られている感じがして恥ずかしさが残ります。

    実はこれもクンニが気持ちいい理由の一つなのです。

    見られている、恥ずかしい、という感情によって脳の興奮状態は高まります。

    普段隠している所を見られている状態だからこそ、恥ずかしさがあり快感を覚え、クンニが気持ちいいと思うのです。

    舌や唇の柔らかさが女性器に伝わるから

    舌や唇の柔らかさを存分に堪能できるのが、クンニです。

    クリトリスはとても敏感な部位なので、柔らかい舌や唇を使ったソフトタッチで行うクンニは、女性にとって気持ちいいものなのです。

    ディープキスの時にとにかく舌を突っ込んで勢いでキスをする人は、クンニの時も同じようにやる傾向にあります。

    クリトリスは唇よりも敏感で、雑なクンニは痛みを伴う場合もあります。

    フェラもクンニも結局どんな気持ち良さなのか異性の快感は分からないですし仕方のない事ですが、気持ちいいセックス、気持ちいいクンニをする為には、お互いに聞いていく事が大切なセックスコミュニケーションになります。

    大陰唇と小陰唇に秘密がある

    クンニをする時にどこから責めていますか?

    いきなりクリトリスから責める人も多いかもしれませんが、それよりも先に大陰唇、小陰唇から責めましょう。

    大陰唇は、割れ目の一番両端にある部分で、毛の有無や色合いは個人差があります。

    小陰唇は、大陰唇の内側になるビラビラしたヒダの事で、黒々としていてヒダがもの凄く長いもの、左右非対称のものなど、小陰唇は大陰唇にも増して個人差が激しい部位です。

    ビラビラと言った方が分かる方は多いかと思いますが、実はここも性感帯として女性の感度が非常に高く、刺激されると快感を覚えてしまう場所になります。

    この大陰唇と小陰唇もクンニの際に刺激してあげると、快感がとても大きく女性は非常に気持ちいいと感じる事ができるでしょう。

    気持ちいいクンニのテクニック

    ただ舐めるだけではクンニは気持ち良くありません。

    気持ちいいクンニのコツを覚えて、テクニックを身につけましょう!

    唾液たっぷりで行う

    クンニは、唾液をたっぷりと使って行いましょう。これは、基本中の基本です。

    唾液が少ないクンニをずっと繰り返されると、クリトリスがどんどん痛くなってきてしまうという事を知らない男性が多いかもしれません。

    唾液が少ない状態でクンニをすると、乾いたまま男性器を擦り付けられているような感覚しか得られません。

    唾液が多いか少ないか、自分ではあまり考えた事はないと思いますが、クンニをしている時に自分の舌がどう感じているかで判断できます。

    ヌルヌルとした感覚を舌で感じたら、ひとまずOKです。

    唾液でヌルヌルにしていないと、基本的に女性はいくらクンニをされても感じないと考えてください。

    唾液の少ない乾いた舌でいくら長時間クンニをしても、感じず嫌になってくるという事を覚えておいてください。

    たっぷりの唾液を使って行うクンニこそが、女性が気持ちいいと感じるものなのです。

    舐め犬になる

    すぐにクンニが上達したい!女性に気持ちいいクンニをしたい!と思うのであれば、舐め犬になるのもアリです。

    世の中には舐め犬と呼ばれる男性がいます。

    フェラや挿入といった自らの快感を求めず、飼い主である女性の快楽の為に、ただひたすら女性器を舐めるだけの存在です。

    舐め犬にとって、女性器を舐める事が挿入行為と同等もしくはそれ以上のものなのです。

    舐め犬とはSMプレイの一種で、相手女性が色々とやり方の指示をしてくれるので、すぐに上達する事が出来るでしょう。

    しかし、男性側がM気質でである事が大切です。

    下僕のような扱いをされる恐れがあるので、S気質ですと怒りを感じるかもしれません。

    しかし、S気質だとしても本当にクンニマスターになりたいと強い信念をお持ちなら、舐め犬になる事を推奨します。

    唇を有効活用する

    これが、クンニの一番大事な所だと言っても過言では無いでしょう。

    まずは最初が肝心です。いきなり局部に突進せず、脚の付け根や恥丘に軽く唇でちゅっちゅっと口づけて女性の期待感を高めてください。

    余裕があるならば、ふくらはぎや足の裏、膝や膝裏などにも唇を這わせると良いでしょう。

    そして女性器には、いきなり唇を押し付けるのではなく一呼吸入れて、女性の腰がもどかしげにクニッ、もしくはピクッと動いたら良いタイミングです。いよいよ陰部に唇を寄せます。

    いきなり舌で責めると痛いので、はじめは唇でクチュクチュ吸い上げる感じで行います。

    そして舌先だけではなく唇を使うと気持ち良さが倍増するので、クリトリスの周りに吸い付くように唇を密着させてから舐めましょう。

    時々クリトリスにキスをするようにチュッと音を立てて吸うようにするのも、女性に喜ばれます。

    Gスポット等と2点責めをする

    1点責めより2点責めと、同時に責める場所が多くなればなる程快感が強くなると言われています。

    テクニックがなくても、ある程度経験豊富だったりAVをよく見ている男性はやった事がある方も多いのではないでしょうか?

    舌でクリトリスを舐めながら、指でGスポットやアナルを愛撫したり、手で胸を愛撫する責め方です。

    クリトリスが感じやすい女性、Gスポットが感じやすい女性といますので、どちらを主にするかを考えよく感じる場所プラス1ヶ所責める事で、さらにクンニが気持ちいいものとなります。

    ですが、女性によってはクリトリスだけの1点だけの刺激の方がイケるという方もいます。

    クリイキ派が7割、中イキ派が3割と言われていて、クリトリスだけの刺激の方が良いという女性も多いです。

    なので、1点責めが良いか2点責めが良いかは、女性に聞いてみてくださいね。

    穴舐めもしっかり行う

    女性のアソコにむしゃぶりつきたい!と言う男性多いですよね。

    この表現は、あながち間違っていないんです。クンニで穴責めをする時は、まさにこのむしゃぶりつくように【汁をすくう】というのが女性は1番興奮します。

    穴の中に舌を出し入れする男性がたまにいますが、正直それをするなら本物を挿入して貰った方が感じるというのが女性の本音。

    汁をすくうとは文字通り、女性の愛液をすくうように舐めたり吸ったりする事です。

    女性は物理的な刺激だけじゃなく、音や雰囲気でも感じます。

    クンニされている時にブチューっと自分のクンニ汁を吸われたり、ビチャビチャと音がするだけで快感は高まります。

    そして、そんな音が出るまで濡れている自分への羞恥等から更に敏感に感じ、クンニが気持ちいいと思うのです。

    女性がクンニを嫌がった際の対処法

    中にはクンニを嫌がる女性もいると思います。そういう女性にはどう接するべきなのかお伝えしていきます。

    何故クンニを嫌がる女性がいるのか?

    基本的にはクンニが好きな女性が多いですが、中にはクンニが嫌いな女性も存在します。

    クンニ嫌いの原因は様々ですが、主に考えられる原因は以下のような事があります。

    • 汚い所を舐められているという嫌悪感
    • 羞恥心や緊張の方が大きい
    • 過去に歯が当たってしまったり、噛まれたりした経験により痛みへの恐怖心
    • クンニで臭いと言われた事がありトラウマになっている
    • クリトリスが性感帯ではなく感じないから嫌い
    • クリトリスが痛くて大嫌い
    • クンニされても痛くないけど感じもしないからどちらかと言えば嫌い

    クンニ嫌いな場合、一番気を付けなければいけない事は、クンニよって痛みを感じる場合です。

    恥ずかしがっているだけだと決めつけて、しつこくしていると女性に嫌われてしまう可能性大です。

    シャワーを浴びるよう促しておく

    クンニを拒む女性の殆どが拒否する際に言うのが【汚いから】【臭うかもしれないから】というフレーズです。

    女性器というのは内にこもっているので、女性がそう考えても仕方ない事ですよね。

    そこで有効になるのがシャワーなのです。セックスの前にそれとなくシャワーを提案しましょう。

    大抵の女性はセックス前にシャワーに行けば、入念にアソコを洗います。

    であれば、いざクンニをしようとした時、仮に女性が嫌がっても「さっきシャワー浴びたから大丈夫だよ」と論破する事ができます。

    女性も男性と同様、舐められる事は嫌いではない場合が多いですが、男性以上に美意識が高いのと、性器の構造の違いから拒否するのです。

    洗った状態でクンニを懇願すれば、女性も受け入れてくれるはずです。

    沢山キスをしよう

    キス等でリラックスしたなと感じても、恥ずかしい場所に到達する際には再度緊張感が舞い戻ってくるものです。

    キスから始めて首筋、乳首など上半身を愛撫しながら徐々に下半身へと移行して、次に触る場所の合図としてクリトリスにそっと触ってみます。

    ここで女性の太ももにキュっと力が入るようなら、まだ緊張が解けていないのかもしれません。

    焦らず一旦クリトリスから手を離し、太ももあたりを撫でながらキスや乳首愛撫に戻ります。

    このリピートが結構重要です。

    クンニで気持ち良くしてあげる!!と意気込んだから気持ちいいというものではなく、既にリラックスしてそこそこ気持ち良くなっている状態じゃないと、クンニが気持ちいいと感じる事は難しいのです。

    クンニに行く前に沢山キスをして、女性の緊張を取り除いてあげましょう。

    無理強いはしない

    女性はセックスの時に否定的な言葉を必ず避けます。女性だけに関わらず男性もそうですよね?

    ちょっと痛いと思っても少し嫌な事があったとしても、相手に嫌われたくない、嫌な気持ちになるような事やプライドを傷つけるような事は言いたくない。自分が少し我慢すれば良い。

    そう思って本当の気持ちを伝える事が少ないのです。

    嫌われたくないという一心で、クンニが嫌いな事を黙ってしまう女性もいます。

    女性の喘ぎ声や身体をよじる行為は、感じている時だけでなく、愛撫の仕方がキツイ、痛い、等といった時にも似たような反応をする場合があります。

    男性はこのような事を踏まえて、思いやりの気持ちを持って女性を優しく扱いましょう。

    クンニがただ嫌いというのではなく、痛いと感じるタイプの女性には無理強いはしないようにして、お互いに歩み寄って気持ちいいクンニ、気持ちいいセックスを楽しんでください。

    まとめ

    • 女性は精神面でもクンニを気持ちいいと感じている
    • クンニにはセックスでは感じる事のできない快感があり気持ちいいと思う
    • 中には恥ずかしさ等から嫌がる女性もいるので配慮が必要
    • 基本的に女性はクンニが好きだが中には本気で嫌いな人もいる
    • 無理強いは絶対にしない

     

    おすすめの記事