アメリカ,風俗

デリヘル店長
ジャジャン~♪デリ店長の世界で夜遊び企画!
今回はア・メ・リ・カですw

がじゅまる
この企画はなかなか続いてるね~

デリヘル店長
個人的趣味も兼ねてますからねっw
この記事で書いていること
このページではアメリカ合衆国(USA)の性風俗である風俗店や売春婦(娼婦)、エスコートサービスなどの業態や営業内容(サービス・料金相場・場所・営業時間など)について詳しく案内しています。是非読み進めてください。

アメリカの風俗はセックスまでOK?お店の種類や料金など基本を解説

アメリカ,風俗,解説

今回はアメリカの風俗事情について解説。

今ではビジネスやプライベートを問わず、気軽にアメリカへ行く人も多いのではないでしょうか。

アメリカを歩いているとふつふつと湧きたつのが「ブロンド美人とセックスしたい!」という欲求でしょうw

エロスを撒き散らすアメリカンボディを見ているだけで、ムクムクと様々な欲求が渦巻いてきます。

とは言っても予備知識無しで海外の風俗を楽しむのも怖いもの。

ここでアメリカの風俗の基本についてしっかりと学び、好みのブロンドと濃厚なプレイを楽しんでいきましょう!

アメリカ風俗の種類や業態まとめ

アメリカ,風俗,種類,業態

まずはアメリカの風俗の業態や種類についてまとめました。

海外を遊び歩いている人は分かると思いますが、国によって風俗の種類や形態が違うのです。

日本では当たり前の風俗が、国によっては即逮捕みたいな場合もあります。

ちなみにアメリカではネバダ州など一部の地域以外ではアメリカ全土で買春禁止です。

がじゅまる
マジかよっ!
なんか夜の街にはどこでも娼婦がいるイメージだったわw

意外に思うかもしれませんが、風俗店自体が少なくアジア各国のようにバンバン遊び歩けるようなものではないのです。

とは言え、風俗自体が完全に無いわけではないので安心してください。

ですが、万が一にも予期せぬトラブルに巻き込まれないためにも、まずはアメリカの風俗の種類についてチェックしておきましょう。

アメリカの風俗1.ストリップショー

ストリップショー

軽いジャブから入るとアメリカではストリップ劇場も一般的です。

日本人からするとピンサロやデリヘルからが、風俗の最低ラインかもしれません。

先に述べたようにアメリカでは売春の取締が非常に厳しいので、ストリップも風俗の入り口として楽しまれています。

ただ日本のストリップ劇場よりも規模が大きく、グラマーな女性がド派手なダンスで客席を魅了するのがウリ!

風俗どうこうではなく一度は体験してみて欲しい素敵なエンターテイメントと言えるでしょう。

あの有名ポルノ雑誌ハスラー(HUSTLER)のストリップやアダルトグッズのお店があった!

ハスラー,hustler

アラフォー以上なら聞いたこともあるだろう洋モノのエロ本「ハスラー」。

日本でも本場「HUSTLER」の日本版が発行されていたこともある人気雑誌は、彼の地アメリカではアダルト産業を手広く展開している。

HUSTLER HOLLYWOODの各ストアでは、アダルトグッズはもちろん「ANGEL NIGHT」としてハスラーエンジェルによるストリップショーあったりも。

デリヘル店長
上↑の動画はハスラーハリウッドのPVだけど、こんなお姉ちゃんがいるなら絶対にストリップなりなんなり見に行きたい!
HUSTLER HOLLYWOOD ロサンゼルス店の公式ページと地図

ハスラー,ロサンゼルス,ハリウッド店
https://hustlerhollywood.com/pages/store-west-hollywood-california

HUSTLER HOLLYWOOD ニューヨーク店の公式ページと地図

ハスラー,ニューヨーク店

https://hustlerhollywood.com/pages/store-new-york-new-york

HUSTLER HOLLYWOODアメリカ国内のハスラーストア

HUSTLER HOLLYWOOD公式ページ
※全てにストリップショーのサービスが含まれるとは限りません。

アメリカの風俗2.エスコートサービス

エスコートサービス

ニューヨークなどで定番の風俗がエスコートサービス。

本番ありのデリヘルのような形態をイメージすると分かりやすいでしょうか。

※ただしフェラはゴムフェラが基本です。

・客の元へ女性が派遣される(デリヘルタイプ)
・女性の元へ客が出向く(店舗型/箱ヘルタイプ)

の2パターンがあります。

プッシーキャット

日本やアジアでの旅行では、なかなか白人女性に出会うチャンスもないから、こんなプッシーキャットちゃんにぜひ相手してもらいたいところw

またデートや食事などにも付き合ってもらうことが可能。

海外ドラマなどで(スパイ的な)エスコートサービスと一緒に夜景を見ながら食事をするシーンを見たことがある人もいると思いますが、ズバリあのイメージですw

日本で言えばデリヘルにデートコースのオプションを付けたようなもの。
ですが、アメリカのエスコートサービスでは名前の通り性行為以外のサービスにも基本対応しています。

ブロンド美女と幅広く楽しみたい人にピッタリなサービスと言えるでしょう。

エスコート(店舗型)的なお店人気の売春宿を紹介

Nevada's Moonlite Bunny Ranch brothel(ザムーンライトバニーランチ)という有名な売春宿。
上↑の動画を見てもらえればその雰囲気はわかると思います。

ザムーンライトバニーランチは、カーソンシティの東6マイルにある米国ネバダ州マウンドハウスにある合法的な認可された売春宿です。(地図は下記のGoogleMAPで)

がじゅまる
白人・ブロンドが好きならこのイタリア風俗の美女↑も見逃せないと思うよw

アメリカの風俗3.プライベートエスコートサービス

プライベートエスコートサービス

こんな↑素人娘が・・・

おっぱいポロリ!

素人娘,おっぱい,ぽろり

こんなスケベっ娘に出会えるかもしれないのがプライベートエスコートサービス。先のエスコートサービスのように会社を挟まない風俗の形です。

クラシファイドと呼ばれるサービス上で女性を探す形になります。このクラシファイドってやつは「中古品売買掲示板」のこと。

端的に言えば個人が掲示板上で「サービス」を出品しているようなものですね。

デリヘル店長
地元の掲示板ジ〇ティーみたいなもんかw

おもちゃ大好きド変態ガール

掲示板を探せば、こんなオモチャ大好きド変態ガールが見つかるかもしれません。

日本で言えば出会い系などの掲示板で「ホ別イチゴ」などの募集のようなイメージ。男女両方から見ても便利ではあるものの、女性の質が保証されない点がネックです。

また女性一人ではなく男性が奥から出てくる、美人局の可能性もゼロではなく危険が伴うこともあり、海外風俗の素人にはおすすめできる風俗サービスではないかもしれません。

アメリカの風俗4.マッサージ パーラー

マッサージパーラー

マッサージパーラーはアメリカ版の風俗街(ソープ系)のようなもの。

価格もリーズナブルで利用しやすい反面、女性層が中国人や韓国人の不法就労者。

がじゅまる
てことは、こんなプリケツ白人ちゃんはいないのか・・・

手軽に遊べるものの性病や不正摘発に巻き込まれる場合もあるのでリスクのある遊び方になります。

立ちんぼ

「立ちんぼ」の一言で伝わると思います。

日本同様に繁華街やホテル街でエロい服を着て立っている売春女性です。(上の動画↑はストリートにいる立ちんぼhookerを撮影したもの)

「性病のリスク」「(日本で言う)美人局の可能性」「摘発リスク」などを考えるとあまりおすすめできる遊び方ではありません。

エロいブロンドが立ちんぼをしていると、ついつい買いたくなる気持ちもわかりますが、できれば控えたほうが良いですね。

デリヘル店長
たまにこういうリスキーなとこの火遊びが可愛い子がいたりしてタマらんかったりするのよw

アメリカで夜遊びする場合の注意点

ここからはアメリカで夜遊びする場合の注意点について軽く触れていきます。

万が一にもトラブルに巻き込まれないために、しっかりとチェックしておいてくださいね。

おとり捜査に気をつけよう

おとり捜査,警察,逮捕

とにかく覚えておいてほしいのが「おとり捜査に注意」ということ!

冒頭でも軽く触れましたが、アメリカでは売春および買春に対する取り締まりが厳しいです。

だからこそ慣れていない人は、プライベートエスコートサービスや立ちんぼなどの個人が自由に行える風俗サービスは利用するべき。

デリヘル店長
白人が好きでリスクなくおっぴろげにヤリまくりたいならドイツのFKK↑やで!

魔法の言葉Are you a cop?

刑事じゃないよね?

おとり捜査がに対する魔法の言葉、それが「Are you a cop?」です。

女性とプレイする前には「Are you a cop?(あなたは警察ですか?)」と必ず確認しましょう。

アメリカでは身元を隠しの捜査が違法捜査に該当するので、相手がNoと言った場合サービスを受けても比較的軽い処罰で済みます。

ただし、どこまで軽度な処罰は受けることになるので、怪しいと感じるような場所での夜遊びは控えるのが無難です。

アメリカ風俗の料金や相場

アメリカ,風俗,料金,相場

 

今まで紹介してきたアメリカ風俗の料金・相場は下記表のとおりです。

ストリップ劇場 チャージ20USD(2,400円)、1ドリンク10USD(1,200円)、チップ5~10USD(600円~1,200円)
エスコートサービス 60分300USD(35,000円)前後
プライベートエスコートサービス 250USD(30,000円)前後
マッサージ パーラー 200USD(24,000円)程度
立ちんぼ 安ければ100USD(12,000円)程度だがオススメしない

 

ストリップに関しては昼は入場無料のところがあったり、個室でのプライベートダンスが20USD(2,400円)程度で楽しめたりします。

基本的にこのぐらいの相場感と覚えておけばぼったくられることはありません。

デリヘル店長
やはり欧米はアジア圏に比べると値段はそこそこ高いんだな!
俺はこのベトナム娘↓なんかもおすすめだ。

アメリカの風俗でブロンドとの濃厚セックスを楽しもう

ブロンド娘の大股開き

今回はアメリカの風俗について色々と解説してきました。

最後に安全にアメリカ風俗を楽しむためのコツをまとめると下記のとおりです。

  • ストリップorエスコートサービスがオススメ
  • その他の風俗は初心者は避けておこう
  • 基本はゴムフェラ+本番とおぼえておこう

アメリカで旅行慣れている人は、色々な風俗や夜遊びにチャレンジするのもアリだと思います。

遊び慣れていない場合は相場価格のエスコートサービスを利用するのがベター。

また、安いエスコートサービスを利用してもサービスの品質や女の子の質に満足できないですし、プライベートエスコートサービスは慣れてない人が利用すると地雷嬢にあたる可能性が高く控えておくのが得策。

アメリカへ行ったら本場のストリップエスコートサービスでブロンドお姉ちゃんとセックスを楽しむのがいちばん。

予算を少し多めに用意して高級エスコートサービスとかを使うと天国ですよ~!

「デリ店長の世界で夜遊び」というシリーズ企画で、海外風俗の特集記事を組んでいるのでこの→スペイン風俗ベトナム風俗ドイツのFKKの記事も是非読んでみてほしい。

おすすめの記事